スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森林組合や株式会社における林業活性化事例

4月20日の勉強会では、日本の森林組合や株式会社における林業の活性化事例をインターネットから抜粋の上、みんなで読み合わせをし、議論を深めました!

共通事項として、何らかの理由で組合の運営に危機が訪れ、それを解決する機運が高まり、新たな取り組みが生まれておりました。

日本の地方を何とかするためには、少しずつ問題が広がって気づかない間に広がると、ゆでがえるのようになってしまう可能性があると感じました。問題を可視化すると共に、問題意識を持った人の行動こそが、地方の問題を少しでも解決するのではないかと思います。

勉強会では、以下のような事例をとりあげたので、興味有る方は是非!

1、北海道下川町 下川町組合
 〜「産業クラスター」による挑戦 〜

林業関連産業を数多く起こしている事例です!
具体的には、コンロ・木炭セットの販売、トドマツの間伐材の枝葉を蒸留して作ったアロマセラピー用の精油製造・販売。体験ツアーの運営などがあります。
詳細はこちらこちら


2、群馬県 神流川森林組合
 〜若いグリーンキーパーが地域を活性化〜

一般企業から組合に移った組合長が様々な施策を起こした事例です!
電力外車との提携による、配電線、高圧線にかかわる地主交渉から枝打ちなどの業務受託や国土調査への参入、道の駅の運営等の施策が紹介されています。
詳細はこちら


3、山梨県 北都留森林組合
 〜森を中心とした持続可能な流域循環型社会の実現〜

都心に近い立地を活かした間伐体験ツアーや企業の森の運営をしている事例です
若手林業家を育てる風土があり、又、木質バイオマス事業も手がけています。
詳細はこちら


4、和歌山県 中辺路町森林組合
 〜「緑の雇用」「企業の森」で古道の里を元気にしたい〜

Iターン・Uターンを呼び込む仕事量の確保に向け、農林業の両輪を上手くまわすと共に木材加工場の運営等も手がける事例です。
詳細はこちら


5、群馬県 上野村森林組合
 〜地域資源「森」で育てた木工の里〜

補助金等への依存脱却を目指し、森林関連産業を起こすために実施した若手社員の研修が実を結んだ事例です!
メリハリの聞いた社会保証制度も魅力的です。
詳細はこちら


6、京都府 日吉町森林組合
 〜次世代形森林管理の展望〜

 本組合の高機能機械を活かす、事務職員と現場職員のコミュケーション力が垣間見えるレポートです。
詳細はこちら


7、宮崎県 西臼杵型産直住宅システム
 〜家の建て主と山林を
直接つないで、林業活性〜

工務店と直接契約・提携することで、森林所有者に継続経営可能な収益をもたらす新しい産直住宅システムへの挑戦
を続け、良い木を継続的に作る為の仕組みづくりの事例です!
自分の家となる木を、直接伐採前に顧客が見ることについて、顧客が価値をおいている点を紹介したところが興味深かったです。
詳細はこちら


8、高知県 NPO法人 土佐の森・救援隊
小規模自伐林家を積極的にバックアップする事例
詳細はこちら


9、長野県 光葉スチール株式会社
 〜間伐材のロッカー扉が
信州の森を守る=

既存の商品+木で価値を生み出した事例! 
木の温かみが受け入れられる製品は他にもあるかもと感じました。
詳細はこちら


10、静岡県 丸大鉄工株式会社
 〜竹粉の飼料化で放置竹林を
地域の循環資源に〜
増え過ぎた竹。でも伐採するにはお金がかかる。
伐採した竹をお金に変える技術力「PANDA」を紹介した事例です!
詳細はこちら

以上
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。