スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"社会人 Next Linkage" に関して

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
・更新履歴
8月5日 ”林業を実際に体験できる場所などのリンクまとめ”
5月26日 ”森林組合や株式会社における林業活性化事例”
5月14日 ”「森作りの明暗」と「日本林業はよみがえる」を読んで”
2月26日 ”農山村再生”
2月21日 ”スウェーデン・パラドックス”
2月19日 ”日本はスウェーデンになるべきか”
2月5日     地域経済を支える地域・中小企業金融
1月29日  コミュニティ再生と地方自治体再編
1月22日  地方の町おこし・産業に必要な要素とは?
1月15日     「最高の米」と「おもしろ旅」で都市と農村をむすぶ こめたび
1月15日     「和RE箸」を中心とした地域循環型システム
1月8日     『金融の地産地消』ウォール街に行くカネを九州に落とす企業  ~株式会社ドーガン・アドバイザーズ~
 

・今後の予定
 毎週日曜日の9時から、秋葉原のカフェにて、地方ビジネスのケースを各自調査の上、ディスカッション

  参加希望者は、post.next.linkage@yahoo.co.jpまでご連絡下さい。

・メンバー募集中
 毎週日曜日 朝の9時から毎週勉強会やっています!
 メンバーいつでも大募集中です。ページ上部のお問い
 合わせフォームより、どうぞお気軽にご連絡下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

はじめまして!

私たち社会人Next Linkageは、地方ビジネス創出を志す人の集まりです。

具体的な活動として、世界各国や国内の地方ビジネスの成功例とそれを成功に導いたマクロ要因を分析し、日本国内でどのように応用できるかを考察すると共に、自分たちの仮説に基づいて、日本国内で勝負できるコンテンツを調査します。

将来的には、調査の結果をもとに、実際にビジネスが生まれることを目指します。


私たち社会人ネクストリンケージが、上記のようなことを目指すにいたった経緯を説明します。

当初、私たちは、2010年12月より、以下二点の目標を達成するために、勉強会をスタートさせました。

1.
なんとなく地方に帰りたいけど、具体的なイメージが湧かないから、地方に帰るということが具体的にどういったことなのかを知ることで、ただ何となく地方に帰りたいと思うだけでなく、自分の将来を考える(地方に帰るかどうか)ことに活かす。

2.
東京で働くことに不満に感じることがある。ただ不満を述べるだけでなく、自分が不満に思っていることが、どのような背景で起きているのか、そして、自分がおかれている状況が客観的にどのような状態であるのかを他国や日本国内の地方と比較することで把握し、今後の自分の将来を考える(東京で働き続けるかどうか)ことに活かす。

しかし、勉強会を進めるごとに、以下の点に気づいたことが、上記の活動目標に至った理由となります。

1.
東京で自分たちが抱える不満(家が遠くて通勤時間が長い)や地方で働く上でネックになること(仕事の選択の幅が狭い)が起きている背景を調査したところ、日本全体が抱えている構造的な課題に気づく。
(Ex. 地方に教育機関や上場企業が少ないことが、人口流出の要因となっていること。又、地方の産業が、工業化やグローバル化の波を受けて、衰退していること)

2.
課題を解決するためには、地方に産業を起こす必要があり、そのような産業は地域に埋もれた競争力のあるコンテンツを発掘し、そこからビジネスを作り上げることによって、達成することができるのではないかという仮説が生まれる。


このBlogは、社会人Next Linkageが開催する勉強会やイベントの告知はもちろんのこと、そのとき使った資料やデータをまとめ、多くの社会人の方に社会人Next Linkageが調べたことを活用していただくために作成いたしました。


しばらく更新が滞っておりましたが、今後は毎週末を目処に、こまめにUpdateしていきたいと思いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。


社会人 Next Linkage 一同
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。